banner
NEWS&BLOG
犬と猫の病気 結石症

おしっこは腎臓で作られ膀胱で貯められます。この腎臓から膀胱の間のどこかで、石が出来てしまうことを「結石症」と言います。

結石は膀胱炎や血尿の原因になりますが、石のサイズが大きくなるとおしっこの通路の途中でつまってしまう事もあります。石がつまっておしっこができなくなると、おしっことして体外に出されるはずの毒素が身体に周り危険な状態になります。

膀胱結石があると、おしっこの色、匂い、量が普段と違ったり、何回もトイレへ行くなどのサインが見られます。また、石による痛みから食欲や元気がなくなることもあります。

猫ちゃんに多いのが特発性膀胱炎です。特発性膀胱炎の炎症の原因は分かっていませんが、ストレスが重要な因子であると考えられています。

尿路疾患の治療を受けたことがある猫ちゃんは、再発するリスクがあります。

適切な治療後でも、症状の再発や定期的な発症を避けられないことがあります。

兆候や症状に常に注意し、特別療法食やトイレを1頭につき2つ用意してあげる、猫ちゃんが好んでお水を飲んでくれるようその子にあった水飲み場を作ってあげるなどをし予防してあげましょう。

特に猫では尿管結石になる事も多く、腎臓で生成された尿が運ばれる尿管が、結石などで塞がれてしまうことで腎不全を発症してしまいます。

症状はわかりにくく、普段よりなんとなく元気がない、食欲が少ないなどの症状しか示さない事も多いです。

排尿が1日見られなかったら尿道に石や、尿道栓子が詰まっていないか、注意が必要です。

わんちゃんは細菌感染による膀胱炎が原因の一つとして考えられます。尿道が短くて細菌の進入を容易に許しやすい女の子のわんちゃんの方がかかりやすい傾向にあります。

膀胱内の炎症によって剥がれ落ちた上皮細胞などが核となり、まるで真珠が大きくなるように結石が成長する事もあります。

治療方法の1つとして、抗生物質の投薬があります。どの抗生物質が効くのか検査してからの投薬をおすすめしています。検査しないで投薬することもできますが、3~4日投薬しても改善がなかった場合は検査をおすすめします。

わんちゃんも再発するリスクがあります。特別療法食やお水を多く飲ませる、排尿を我慢させないなどをし予防してあげましょう。

ストルバイト結石症の食事は、尿PHを下げる、ミネラル排泄量を減らす、尿量を増やすことを考えたフードに変えてあげることをおすすめします。ただし、仔猫と仔犬の場合は治療が異なります。

また、煮干し、のり、ミネラルウォーターの摂取が多くなってしまうと、ストルバイト結石になりやすくなってしまいます。特に硬水は注意しましょう。

腎臓病の子でストルバイト性膀胱結石になってしまった場合は尿PH値を下げるお薬があるので、お薬で治療しましょう。

シュウ酸カルシウムの場合や、大きなストルバイト結石の食事療法の効果は乏しいので、基本的には外科的な切除が必要です。

膀胱結石切除(膀胱切開)

3日から5日程度、血尿や、頻尿の症状が出ますが、傷口の炎症が治まると、症状も落ち着いてきます。

尿管結石の場合は手術の内容が異なりますので、詳しくはご相談ください。

松戸市 新松戸 さだひろ動物病院