banner
NEWS&BLOG
犬の皮膚トラブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだひろ動物病院(@sadahiro.ahk)がシェアした投稿

🌼アレルギー 皮膚の赤みのみでます。

〈治療法〉アポキル(3.6mg or5.4mg)…皮膚・アレルギーの薬です。 良くなって来たらのむ回数・量を減らしていきます。

🌼ブドウ球菌 黄色の瘡蓋が出ます。

〈治療法〉薬浴と言って、薬が入っているシャンプー剤でシャンプーをしていきます。

ノルバサンシャンプーは、クロルヘキシジンが配合されており 全身を普段使っているシャンプーで世洗いした後、顔以外をノルバサンシャンプーで洗い5〜10分つけて流し 乾かします。

🌼マラセチア 脂ろう・ベタつきが見られます。

〈治療法〉薬浴と言って、薬が入っているシャンプー剤でシャンプーをしていきます。

マラセブシャンプーは、ミコナゾールが配合されており 全身を普段使っているシャンプーで世洗いした後、顔以外をマラセブシャンプーで洗い10分つけて流し 乾かします。

🌼食欲アレルギー 若齢で赤みのみの外耳炎などが見られます。

〈治療法〉今まで食べていたご飯をアレルギー食用のご飯に切り替えて経過を見ます。

アレルギー食は、他のご飯に比べてタンパク質の分子サイズが小さく アレルギーを起こしにくいご飯になります。

〜アレルギー食〜

セレクトプロテイン〉低分子プロテイン〉アミノペプチドフォーミュラ

🌼イヌニキビダニ 毛穴にあるニキビダニが増えると 顔や足にフケや脱毛を引き起こす事です。

〈治療法〉

イヌニキビダニ→ネクスガードスペクトラ

ノミマダニ→フロントライン

 

〜分かりやすい症状として〜

主に皮膚から出た黄色い瘡蓋が出たり、脱毛している等見られましたら来院して下さい。