banner
NEWS&BLOG
猫の角膜炎 角膜潰瘍

◆角膜炎、角膜潰瘍について

【原因】細菌、ウイルス、真菌などの感染やじゃれあいで爪が目に入ってしまうなどの物理的刺激などがあげられますが、猫ではFHV-1型(猫ヘルペスウイルス1型)感染がその大部分を占めています。また角膜腫瘍もこのウイルスと最近の混合感染によっておこることが多いとされています。FHV-1型感染による角膜炎は両眼性で感染の経過とおかされる部位によってさまざまな病態を示します。深層がおかされる(潰瘍)と治癒過程で瘢痕が形成され視力障害が起こります。

【症状】涙を流したり眩しそうに目をしょぼしょぼしたりします。また粘液性の目やにが出たり結膜炎などもあります。

◆角膜分離症について

【原因】原因不明だが角膜潰瘍と同様物理的刺激やFHV-1型感染あるいは遺伝的素因などが発症に関与していると考えられています。

【症状】眼瞼痙攣、目やに、結膜充血などがみられます。