banner
NEWS&BLOG
乳腺腫瘍

乳腺の組織が女性ホルモンの影響を受けて、腫瘍化する病気です。

 

乳腺腫瘍の特徴

一般的に、犬の乳腺腫瘍では小さい腫瘍ほど悪性度が低いです。

3cm以上で、大きいものや、硬くいびつな形をしているものほど、悪性となる可能性が高いと言われています。

ただし、近年では腫瘍の種類によっては良性でも大きくなるものもあるので、この法則に当てはまらないと言われています。

基本的には全身麻酔下で外科切除を行い、取った腫瘍を病理検査に提出します。

良性か悪性か、取りきれているのかいないのかを診断してもらいます。

完全に切除ができている場合には手術で治療は終了となります。

悪性度が強く、再発率が高いものや、完全に切除ができていないものでは手術が終わった後に抗がん剤治療で、残りの腫瘍細胞をやっつけていくような治療を追加しています。

 

一般的に犬の乳腺腫瘍では良性腫瘍が50%、悪性腫瘍は50%です。

悪性腫瘍で再発、肺やリンパ節や腹腔内の臓器へ転移を起こすものが25%程度と言われています。

猫では

90%以上が悪性のため、広範囲な切除が必要になります。

 

炎症性乳がんの場合

熱感があったり、硬い場合には炎症性乳がんが疑われます。

手術後に出血が止まらないなどの合併症を伴うため、手術は不適応になります。

 

手術前の診察

毛刈りをして、十分な触診を行い、どの乳腺に腫瘍が発生しているのか、表面だけに発生しているのか、より深部の筋肉まで到達しているのかを確認しています。

肺や、肺のリンパ節に転移をしている場合では、手術を行なっても延命効果が得られません。

術前に胸部のレントゲンを撮影して、転移の評価を行い、手術可能かを判断しています。

猫はほとんどが悪性腫瘍のため、全身麻酔に耐えられるようであれば、両側乳腺の全摘出を行い、術後に抗がん剤療法を追加しています。

すでに転移している場合

大きくなると出血したり、感染して、膿が出てしまうこともあり、「ずっと気にして舐めてしまう」など、生活に支障が出てしまう事もあります。

転移していたとしても、広範囲に切除するのではなく、腫瘍だけを切除するような局所切除を案内することもあります。

 

避妊手術、卵巣摘出術

発情前に行うことで、女性ホルモンの影響を減らし、発生率を下げることができます。

 

外科手術の種類

避妊手術を実施していない子では避妊手術を同時に行う事でホルモンの抑制を行い、、乳腺腫瘍の摘出手術を行なっています。

①腫瘍のみの摘出

おとなしい性格で、1cm以下の小さな腫瘍の場合には、全身麻酔をせず、切開するところに細かく局所の麻酔薬を注射してから、切除することも可能です。

良性なものでは取りきれることが多いです。

病理検査の結果で悪性の場合には、後日全身麻酔での拡大切除を計画しています。

②領域乳腺切除

乳腺は前後の乳腺がリンパ管で繋がっているので、連続する乳腺を摘出することで術後の再発を防ぐ手術方法になります。

全身麻酔での手術になります。

左右の尾側乳腺を一括で切除した場合には皮膚が引き連れるので、後ろ足の動きがぎこちないことが数日起こることがあります。

徐々に皮膚が伸び、2週間ほどで落ち着くことが多いです。

③両側乳腺全摘出

犬で乳腺腫瘍が多発している場合や、猫の乳腺腫瘍で、全ての乳腺組織を切除する手術方法です。

傷が大きいため、術直後は痛みが出ます。

胸部の皮膚のひきつれにより、圧迫を受けて、呼吸がしにくくなる事があります。

場合によっては片側の乳腺を切除し、2週間ほど待ってから、皮膚が伸びてから、反対側の乳腺を切除することもあります。

 

全身麻酔下の外科手術の場合には、複数の鎮痛剤を組み合わせて麻酔の副作用を少なくしています。

術後も体温が低下していないかを確認したり、点滴療法や痛み止めにより、入院治療を行なっています。

 

松戸市 新松戸 馬橋  さだひろ動物病院