banner
NEWS&BLOG
仔猫を保護したら

🌸仔猫を保護したら🌸

仔猫を保護してからの流れをまとめました。
寄生虫の駆虫、風邪の治療、感染症の確認は大切です。おうちに先住猫ちゃんがいる場合は、これらが終わるまでは対面は控えるようにしましょう。

右へスライドか、〉マークをクリックで次の画像が表示されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだひろ動物病院(@sadahiro.ahk)がシェアした投稿

🌸寄生虫の駆虫

・ノミ・マダニは刺した箇所の痒みを起こすだけでなく、全身的なアレルギーを起こしたり、感染症や寄生虫を媒介します、

・消化管に寄生する回虫、鉤虫、条虫、コクシジウムは下痢を起こし、栄養失調に繋がります。

ブロードライン:背中に液体を垂らすタイプです。ノミ、ダニ、お腹の寄生虫を駆虫します。

プロコックス:飲むシロップタイプです。コクシジウムを駆虫します。

 

駆虫の流れ

・1回の糞便検査では結果が正しく出ないこともあるので、まず駆虫薬を投薬し、10日後くらいに駆虫できているか検査をするのがおすすめです。

・コクシジウムに関しては、他の寄生虫がいると検出されないという特徴があるので、同時に駆虫する必要があります。

・駆虫薬の効果期間は1ヶ月です。ブロードラインを計2回行っていただくとより安心です。

・ブロードラインは予防として継続していただいても大丈夫です。⭕️

 

🌸風邪の治療

・涙や目脂が出ていたら、ウイルスや細菌が感染していることが多いので、抗生剤入りの目薬を使用します。

・症状に合わせて1日2回〜4回くらいの点眼です。

・目が開かないくらいの目脂でも、根気よく続ければぱっちりとしたおめめになります!

 

🌸エイズ白血病検査

猫エイズウイルス(FIV)

・猫免疫不全ウイルスとも言われ、風邪や傷口などの感染が治らなかったり、免疫力が落ちたときに日和見感染症を起こします。

・感染の悪化などを防げば長生きすることはできます。

・また、感染の負担により腎臓病も起こしやすいです

猫白血病ウイルス

・感染するとリンパ腫など致死性の病気をを誘発します。

・治療法もなく、約4年程の余命となります。

・貧血や免疫力低下も起こします。

 

検査方法

・少量の血液で検査可能です。10分程で結果が出ます。

・ただし、感染から1ヶ月が経過していないと陽性になりません。

・保護したばかりの場合、母猫からの感染がないかどうかはすぐに検査ができます。

・生まれた後に他の猫からの感染がないかどうかは、保護して1ヶ月経過してから検査する必要があります。

 

🌸ワクチン

・下痢や目脂などが治り、体調が万全になったらワクチンを打ちます。