banner
NEWS&BLOG
会陰ヘルニア

去勢をしていない雄犬に多い病気です。
肛門周りの筋肉が薄くなり、隙間ができることで、お腹の中の臓器がおしりに飛び出てしまいます。

飛び出る臓器としては、直腸や膀胱、前立腺があります。

直腸が飛び出た場合は、便をうまく出せずに、溜まっていく事で直腸の一部がふくらみ、直腸憩室を形成します。

膀胱や前立腺が出た場合は、尿道の位置が変わる事で、おしっこをうまく出せず、腎臓に負荷がかかり、急性腎不全になり命に関わる事があります。

通常ホルモン療法を行うために、去勢手術も同時に行い、必要に応じて、
結着固定(腹腔内に直腸を固定してお尻に飛び出ないように予防する手術)
膀胱や前立腺固定(結腸固定と併用して、腹壁に固定する手術)
等を組み合わせて、
最後に会陰部の隙間をメッシュで塞いで手術を終了します。
会陰部のメッシュの整復は、坐骨の骨膜と、浅結節靭帯と、外肛門括約筋にメッシュを縫い付けていきます。
会陰ヘルニアは再発率の高い病気で、以前は筋肉を縫い合わせるなどの手法が取られてきましたが、再発を繰り返すため、人用のヘルニアのメッシュを用いて塞ぐ方法が主流になっています。
また、メッシュを縫合する場合も、筋肉に縫い付ける方法では、筋肉が萎縮する可能性もあるため、強い組織であつ、骨膜と靭帯を利用しています。

また、片側ずつ手術すると、高確率で手術をしていない方に飛び出てしまうのと、麻酔をかける回数を減らしてあげたいという思いから、
去勢手術、臓器を腹腔内で固定する手術と、会陰ヘルニアのメッシュの整復は同日におこなっております。

*犬の去勢手術*

*結腸固定*

*会陰部にコーン状に整形したメッシュを入れているところ*