banner
NEWS&BLOG
大腿骨無菌性壊死症-レッグペルテス病

大腿骨の頭側の部分の大腿骨頭の血流が少なくなる事で大腿骨頭が壊死し、骨折してしまったり、股関節が脱臼してしまう病気です。
痛みから、後ろ脚を上げてしまったり、股関節を伸ばすのを嫌がるといった症状が見られます。
成長期の犬で発症することが多いので、好発犬種であるトイ・プードルやポメラニアンで半年齢から1歳の子で上記の症状が見られた場合には注意が必要です。

レントゲンで股関節を様々な方向から撮影して、形が歪になっていないか、脱臼がないかを評価して診断を下します。
骨の変性には時間がかかるため、ある程度症状が進んでから診断が出る事も多いです。

基本的に壊死した骨は元には戻らないため、壊死部分を外科的に切除して取り除く事が治療になります。

病気が進行した場合、犬は罹患した足を使わないので筋肉が萎縮していきます。筋肉が薄くなると、適切な手術をしても、足をつけなくなってしまうので、疑わしい段階でも積極的なリハビリは必要です。

股関節 レッグペルテス病