banner
NEWS&BLOG
麻酔前の注意事項と当日の流れ

右クリックか、スクロールしていただくとこのままご覧いただけます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだひろ動物病院(@sadahiro.ahk)がシェアした投稿

外科手術を受けられる患者様へ

 

手術はご予約制です。

 

絶食絶水

  • 日付が変わったら 食べ物はあげないでください
  • お水は朝起きたら下げてください

9時〜11時までに来院してください

  • 麻酔をかける前に血液検査、レントゲン検査をさせていただきます。
  • 手術日の1週間以内に検査を行っている場合は当日の検査はありません。
  • 病院での感染を防ぐため、ノミダニ予防と混合ワクチンの接種をお勧めします。

 

全身麻酔の流れ

  • 注射麻酔で導入し
  • 気管挿管し、人工呼吸で
  • イソフルレン(ガス麻酔)の調整と
  • 適切な酸素化をして
  • 手術を安全に行うよう努めます。
  • 心電図などもモニタリングします。

 

麻酔のリスク

  • 全身に効いた後、肝臓と腎臓で代謝、排泄
  • 麻酔から覚醒します。
  • 心臓や、呼吸器系への抑制作用もあるため
  • 血液検査と、
  • 胸部のレントゲン検査で麻酔が
  • 安全にかけられるかを評価します。
  • 尚、心臓病のリスクのある子は心臓のエコー検査が追加になることがあります。

※当日の検査の場合は、検査終了したら、飼い主様へご連絡し、結果をご報告します。

 

麻酔のモニタリング

  • 適切なサイズの気管チューブを選択します。
  • 注射麻酔で導入し,気管挿管を行なったら
  • 人工呼吸器で酸素と,ガス麻酔を定時的に送ります。
  • 麻酔モニターでは不整脈の有無や,
  • 適切な酸素化ができているか
  • 血圧などをモニタリングして
  • 点滴の量や麻酔薬の量を調整しています。

 

覚醒

  • 手術が終了したら、ガス麻酔をストップして、覚醒するのを待ちます。
  • 大体15分程度で反射が戻り,顔をあげ,自力で安定した呼吸が行える状態になります。
  • お部屋へ移動して、点滴を流して、安静にしてもらい
  • シャキッとたてるようになったら、無事終了です。(ここはそれぞれ差がありますが、短い子だと1時間、長い子だと数時間くらいかかります。)

※飼い主様には、覚醒した段階で一度お電話にてご連絡しています。

 

 

松戸市 新松戸 馬橋

麻酔 さだひろ動物病院