banner
NEWS&BLOG
猫の心筋症、血栓塞栓症

◆心筋症、血栓塞栓症について

【分類と特徴】猫の心筋症は大きく三つに分けられます。

1.心臓の筋肉がどんどん厚くなってしまう肥大型心筋症

2.心臓の筋肉がどんどん薄くなってしまう拡張型心筋症

3.心臓がうまく広がることができずに働きが低下する拘束型心筋症

このうち猫では肥大型心筋症が最も多く発生しています。(心筋症全体の60~70%)肥大型および拘束型心筋症では左心室が狭くなるためにその上にある左心房に血液が溜まって大きくなりX線では「バレンタインハート」と呼ばれる特徴的な心臓の形をしています。このような状態では心臓の動きは急激に低下し同時に肺水腫がおこっていることもあります

さらに突然の痛みと同時におこる後肢の麻痺もこの病気の一つとされています。(腸骨動脈塞栓症)これらの症状は進行が早く、ある日突然おこり1~3日以内に急激に悪化することがあるので(ショック状態)できる限り早く治療する必要があります。

また脈の不整(不整脈)も認められています。例えば心拍数が急激に増えたり(頻脈)脈が欠損したり(期外収縮・ブロック)食欲がなくなり元気がなく動かずにじっとしていたり(運動不耐性)あるいは体温の低下などもおこることがあります。このような症状は心臓の働きが低下するために十分な血液が心臓から出ないためにおこることです。

【症状】最も重要な症状は呼吸がうまくできない(呼吸困難)や、一日中ぐったりしている(運動機能の低下)などがあげられます。呼吸困難は肺に水がたまること(肺水腫)によって出てきますが同時に咳もみられます。運動機能の低下は体が必要とする血液が心臓から出てこないために、全身の臓器(心臓、肝臓、腸、筋肉など)の機能が動かなくなるために出てき

ます。また後肢の麻痺(後駆麻痺)おこる場合もありますが腹部の動脈(腹大動脈)に血液のかたまり(血栓)が詰まってしまうために後肢に血液が行きわたらず麻痺がおこることによって出でくる症状です。