banner
NEWS&BLOG
膝蓋骨脱臼 patella

 

 

 

 

※手術の写真があります。

 

トイ・プードル、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリアなどの小型犬に多い病気です。

 

膝蓋骨 patella(パテラ)

太ももの骨の大腿骨の膝頭の上に乗る小さい楕円形の骨で、大腿骨の筋肉や腱が繋がって、太ももから膝下の脛骨まで連結しています。

膝の屈伸をスムーズに進める役割を担っています。

 膝蓋骨脱臼

膝の内側へ脱臼することが多く、続くと、大腿骨の内側の骨と、膝蓋骨が擦れることで、関節炎をになってしまったり、筋肉や、腱に負担がかかることで、骨が変形して、O脚になってしまい、さらにびっこの症状に拍車をかけてしまいます。

膝蓋骨脱臼は重症度により、以下のグレードに分けられます。

常時外れた状態のグレード3では外科療法での治療をお勧めしていますが、若い子では、グレード2でも手術をお勧めしています。

膝蓋骨脱臼のグレード
Grade1 押すと簡単に脱臼 手を話すと戻る
Grade2 膝の屈曲or押すと脱臼 膝の伸展or押すと戻る
Grade3 膝蓋骨は常に脱臼 押すと戻るが、話すと再脱臼
Grade4 膝蓋骨は常に脱臼 徒手による整復は不可能

骨がO脚に変形している場合(脛骨が内旋)や、膝内部の靭帯(前十字靭帯)が断裂している場合には、追加で治療を行なっています。

 

当院では

膝蓋骨脱臼を整復する大腿骨滑車溝形成術

前十字靭帯断裂に対する関節外制動術

脛骨の変形を矯正する(脛骨粗面転移術)の対応が可能です。

時々びっこを引くなどの症状がありましたら、ご相談ください。

 

パテラが乗る大腿骨の滑車の溝をドリルで整形して脱臼を整復するところです。

入院は3〜5日程度で、早期に足をつくことが多いので、リハビリもご案内しています。

新松戸 さだひろ動物病院

膝蓋骨脱臼