banner
NEWS&BLOG
子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

 子宮蓄膿症についてまとめました。避妊手術のしていない高齢の子に多いです。症状だけではわかりずらい病気です。体調面で気になることがありましたら病院にてご相談ください。

右へスライドか、〉マークをクリックで次の画像を表示できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだひろ動物病院(@sadahiro.ahk)がシェアした投稿

 

〈どんな病気?〉

・避妊手術をしていない、もしくは遅かった、高齢のわんちゃんに多いです。

・細菌が子宮に感染し、細菌の出す毒素によって腎不全や肝不全、血栓ができたり、最悪の場合は敗血症になり死に至ることもあります。

・膿が排出される解放性子宮蓄膿症と、膿の排出がされない閉鎖性子宮蓄膿症があります。

・閉鎖性の場合は細菌が急激に増え、毒素により容態が急変することがあります。

・犬は閉鎖性が多いです。

 

〈なりやすいタイミング〉

・発情出血のあった1〜2ヶ月後の黄体期に起こりやすいです。

・黄体ホルモンが子宮内膜を充血させ子宮の免疫が落ち、細菌感染しやすいとされています。

 

〈症状〉

特徴的な症状はなく、症状だけでは特定できないことが多いです。

・多飲多尿(腎不全によるもの)

・食欲低下

・吐き気、嘔吐

・お腹が張る

・発熱

・陰部の腫れ

・陰部から匂いや膿が出る(解放性子宮蓄膿症の場合)

 

〈検査〉

血液検査

・炎症マーカー(CRP)、腎臓(BUN、CRE)、肝臓(GPT、ALP)、白血球数や貧血の有無(CBC)などを検査します。

超音波検査

・子宮の状態を確認します。

 

〈治療〉

子宮・卵巣の外科摘出

・閉鎖性子宮蓄膿症の場合、早急に子宮を外科摘出する必要があります。すでに全身状態が悪くなっている場合、麻酔のリスクが高くなります。

・内科のみで治療した場合、再発する可能性があります。

 

〈予防〉

・発情の始まる前(あ生後半年頃)に避妊手術をすることで予防できます。

・子宮蓄膿症の予防と同時に、乳腺腫瘍の予防にもなります。

・本院では卵巣のみの摘出を行なっています。