banner
NEWS&BLOG
FIP 猫伝染性腹膜炎 猫コロナウイルス

🌸FIP概要

猫のウイルス性感染症の1つである猫伝染性腹膜炎は治療が難しい病気の1つとして知られています。

猫コロナウイルスに感染することにより発症し、免疫が関与していると言われています。

FIPウイルスが発生する機序についてはいまだに解明されていない点が多く、謎の多い病気です。

主に2才以下の若齢猫で発症し、10日以内に、致死率がほぼ100%と言われてきた難病です。

 

滲出型【ウエットタイプ】と非滲出型【ドライタイプ】の2種類の症状に分かれます。2つの症状が同時に見られることもあります。

 

 

 

🌸非滲出型【ドライタイプ】

  • 体の臓器に肉芽腫と呼ばれるしこりを作り、臓器の機能に障害を及ぼします。
  • 発熱や元気・食欲の低下、体重減少などが見られます。
  • 肝臓や腎臓の腫大、黄疸などが見られたり
  • 中枢神経系まで侵害されると後駆麻痺や発作などの神経症状も見られます。
  • ブドウ膜炎を引き起こすこともあります。

 

 

🌸滲出型【ウエットタイプ】

  • 胸水や腹水の貯留が見られます。
  • 腹水が貯留することで腹膜炎となり、強い腹痛が起こります。
  • 胸水の貯留によって肺が圧迫されることで、呼吸困難が見られることもあります。

 

 

 

🌸遺伝子診断を受けることで診断を下します。

  • 猫コロナウイルス抗体価
  • 猫コロナウイルス定性検査【RT-PCR検査】
  • AGP(α1酸性糖タンパク質)
    • 93%で>2460 μg/ml

 

 

 

カリフォルニア大学デービス校からの論文で、FIPウイルスに対して非常に有望な抗ウイルス薬があると発表されました。このウイルス薬に類似の作用(ヌクレオシド系逆転写酵素阻害)を持った薬がMUTIAN Xという製品名で中国で流通していました。この薬剤は治験が不十分なことから、日本では未承認薬になります。

 

 

当院では、この薬に対する取り扱いに慎重になっていましたが、従来の治療法だけでは、急激に進行し、早ければ1週間で若齢猫が亡くなってしまう猫ちゃんを目の当たりにし、

希望される飼い主様に、薬を提供できるように、取り扱うこととしました。

FIPの寛解まで、継続した投薬が必要なことと、常備している在庫数に限りがあるため、まずはお電話にてご相談ください。

 

 

🌸投薬コントロールについて

84日間の投薬コントロールを行い、寛解を目指します。

重症の場合には、1週間ほど、投薬を行い、元気、食欲などの一般状態の改善が見られたら継続治療を提案しています。

 

💡食欲が回復し、体重が増えてきた際は投薬用量が適正かをチェックしてください。

💡他のお薬とは前後2時間程開けてしてください。

💡ガスター(ファモチジン)製剤と併用の投薬では効果が減弱することがあります。

現在のところ、大きな副作用は報告されていませんが、一般状態に急変があるような場合には、ご相談ください。

 

💡ウエットタイプ

  • 貧血の進行度により、回復率が異なります。
    • Ht【PCV】が16%以下の重度な貧血ではMUTIANを導入したとしても、約半数で、1週間以内に死亡すると言われています。
  • 基本的に、早期、中期、後期のいずれでも、100mg/kg/日での投薬になります。

 

💡ドライタイプ

※神経症状や、貧血の進行がある場合は、治療が困難になります。

 

  • 早期
    • 130mg/kg/日
    • 貧血を伴わない場合

 

  • 中期
    • 150mg/kg/日
    • ブドウ膜炎がある場合
    • 貧血☞Ht≦24%
    • ウイルスが視神経に侵入すると治療は困難になります。

 

  • 後期
    • 200mg/kg/日
    • 後肢の麻痺や発作や眼振などの神経症状を伴います。
    • 貧血☞Ht≦16%
    • 病気の回復は見込めないことが多いため、1週間ほどの投薬を行い、見込みがある場合に継続治療を行なっています。

 

💡CFNの薬容量

おうちで体重を測っていただき、その日の体重にあった容量に調節してください。

ウェットタイプ

ドライタイプ初期

ドライタイプ中期

 

ステロイドや補助的な栄養給餌や皮下点滴などを組み合わせて治療を行なっています。

FIP

猫コロナウイルス

MUTIAN

松戸 さだひろ動物病院